夏休み…子ども達との過ごす時間が長くなりイライラしたり、何か全ての行動を見張っては口出しをしてしまう…

そんな自分自身に更に 萎えたり苦しくなり またイライラ…

最近 お母様達からのご相談で、子どもが心配だし、宿題や お友達との人間関係や 何から何まで気になってしまう…と ご相談を受けます。

詳しく お子様達の状況を伺ってみると…問題行動があって…と…

さて、最近 多く頂きました お母様的には問題と仰る行動が…

*学校のテストのカンニング

*学校に行くと言って実は行っていなかった

*親の財布からお金取る

*親に嘘をついて外泊

*SNSで出会った人と遊ぶ

*万引きが発覚

*夜に家から抜け出して遊びに行っていた

最近よく聞くお話。

『わたしも過去に同じ事したなぁ』という方もいらっしゃるかな?(〃ω〃)

この《問題行動》と言われていることは実は

問題ではないんですよね…

これは全て ダミーになります。

こういった行動を【何故したのか】の【本当の理由】があるんですよね!

【本当の理由】が分かれば 直ぐに解決出来ます!

この問題行動と言われていることが【本当の問題】でないのですから、頭ごなしに 親が叱ったり、取調べのようなことをしても解決はしないんです。

わたしの考え方でしたら、この問題を創造したのは?

誰かな?

そう!

《全てわたし!》なんですよ… だからお子様達にあれこれ 然り、正論を言ったとしても無意味になります。

では、何をどうすればいいのか…と言うと!

お母様である、あなたが 何を感じたかを しっかり感じるんです。

*学校のテストのカンニング→何を感じた?

*学校に行くと言って実は行っていなかった→何を感じた?

*親の財布からお金取る→何を感じた?

*親に嘘をついて外泊→何を感じた?

*SNSで出会った人と遊ぶ→何を感じた?

*万引きが発覚→何を感じた?

*夜に家から抜け出して遊びに行っていた→何を感じた?

何を感じたかを、書き出してみて頂きたいんです!頭に怒りで血が上ってしまったなら、冷静になってから お子様とお話しましょうね!

何を感じたかを書いて行くと、自分自身が禁止していたり、やってはいけない!と強く思っている事だったりします…

そこに気付けたら、禁止を手放しましょう!

お子様に 「万引きして良いよ」と言う事ではありませんよ^^

【そうやって、やってしまう事もあるよね】

【そうやって、やってしまう弱い自分っているよね】と許して行くのが、手放しです!

また、問題行動と言われている 一つ一つの根本的な原因なども 書いて参りますね♡

では♡

叶塾 塾長 叶ひろみ